全国通信販売のインディアンジュエリー専門店
ホームインディアンジュエリーとは?
【インディアンジュエリー専門店】インディアンハウス ネイティブアメリカン製作のシルバーアクセサリー販売。インデアンジュエリーは、ホピ族、ナバホ族、ズニ族、サントドミンゴ族などが手作りにてハンドメイド製作したシルバーアクセサリー/シルバージュエリー/ゴールドアクセサリーなどを、ターコイズやシェルやボーンなどインレイ技法等によりインデアン独特のモチーフ(ココペリ、イーグルフェザー、サンフェイス、ウェーブ、ウォーター、クラウド、ブルーコーンなど)を銀細工彫刻技術などで表現します。インデイアンジュエリーはネイティブアメリカンの誇りと歴史の意味を表現しています。

インディアンジュエリーとは
アメリカ南西部(サウスウェスト)のアリゾナ州やニューメキシコ州に保有地を持ち、19の部族に分かれて生活しているプエブロによって作られたジュエリーをインディアンジュエリーと呼びます。
その中で、「ホピ族」・「ズニ族」・「ナバホ族」・「サントドミンゴ族」の作るインディアンジュエリーの品質は世界的にも高く評価されております。主にシルバー、ターコイズ(トルコ石)、サンゴなどを使用した作品で、デザイン的にも優れた作品が数多く見られます。特にシルバーを使う場合は純度925以上を使用するという技術的な制約が有ります。

彼らの製作にあたる想いは素晴らしいところがあり、ジュエリーを生み出すネイティブアメリカンのスピリチュアル(崇高)な精神世界観である「大地と共に生きる」という古の伝統が、今もジュエリー作りに反映されております。自然界(太陽・雲・水・動物・植物・昆虫・・・・)で触れあう全てに敬意を払い、モチーフとしてジュエリーデザインに取り入れ、一つ一つの作品にインディアンスピリットが注ぎ込まれています。全ての作品が手作りで一点ものですので、貴方だけの価値有る商品を手にし身に付ける喜びを感じてください。

インディアンジュエリーの歴史
ネイティブアメリカンと白人との歴史的な戦いに終止符が打たれた後、インディアンに対して危険を感じなくなったアメリカ人たちは、ナバホのリザベーションを通過して西部を旅するようになりました。この頃からインデアンと白人の間で交易が始まり、1870年代初頭にはアリゾナ州ガナードやニューメキシコ州クリスタルにトレーディング・ポストが設立されました。白人経営の交易所にインディアンは家畜を、メキシコ人は銀細工を、食料品や日用品と引換えに置いていきました。旅の途中のメキシコ人はナバホ族の家ホーガンに滞在し、彼らの目の前で銀細工を作ってみせたといいます。焚き火を囲み、メキシコ人細工師の手元を食い入るように見つめながら、ナバホの男たちはさらなる技術を覚え、1870〜80年代になると、ついに独自のジュエリーを作り始めます。当初はヤスリで銀の表面をひっかいて模様をつけるなど、細工は実に簡単なものでしたが、たがねなどの道具や銀が入手しやすくなってからは、デザインの幅も広がりました(1890年に硬貨の改鋳が禁止されるまでは、アメリカ銀貨を叩いて使っていました)。また、砦にいた頃鍛冶屋が鉄を溶かすのを見ていた彼らは、銀貨を熱して溶かし木や石の型に流し込む、いわゆるキャスティングの技法を習得します。さらに自分たちで様々な模様のスタンプを作るようにもなり、インディアンジュエリーの創成期の時代に入っていきます。この頃、ナバホの職人アツィディ・サニの弟、スレンダー・メーカー・オブ・シルバーが、メキシコ人のシック・リップスから銀細工を教わり、ボタン、バックル、ブレスレットなどを作るようになりました。
そして彼こそが、銀のリングに初めてターコイズをはめた人物とされています。また、一説には、アツィディ・チョンという別のナバホの職人こそが、最初にターコイズを銀にはめ込んだ男だとも言われています。いずれにしても、ターコイズと銀が組み合わされ、初めてジュエリーとなったのは1880年頃。その後しばらく、このとっておきの組み合わせはナバホの専売特許でした。
銀細工の技術は、やがてナバホ族からズニ族へと伝えられました。ズニに初めて銀細工を教えたのはアツィディ・チョンだでした。彼は1872年にズニの土地に渡り、ラニエイドという職人を直接指導しました。しかし、どういうわけかこの時チョンは、銀にターコイズをはめることについては一切教えなかったそうです。この後20年ほどズニのシルバージュエリーはナバホのものと見分けがつかないほど似ていたといいます。転機を迎えたのは1890年、ズニ族のキネシュデという職人が、ターコイズと銀を組み合わせてジュエリーを作り始めた頃だでした。ナバホが石の周りに銀をデザインしていくのに対し、ズニは先に銀の形を作ってから石を切り出し、はめ込んでいくテクニックを使いました。モザイク、チャネルワーク、ニードルポイントといった、ズニ独自のデザインはこうして生まれ花開いたのです。

インディアンの魂と誇りと意味が込められたインディアンジュエリーは、インディアン・アーティストによって手作り製作された世界に一つだけのオンリーワン・ジュエリー

Gary Reeves
ナバホ族を代表する有名アーティストのゲイリーリーブスは、これまで数々の賞を受賞している日本でも人気のある製作者です。特にスタンプワークの技術に定評があり、その美しさと整合性に高い技術力が見られます。ゲーリーリーブスが使用するターコイズは美しく希少性の高いものが多く、作品としての価値が高いです。

↑→インディアンジュエリー製作工房
独自のスタンプを製作することで表現豊な多彩な模様を生み出します。使用するスタンプはすべて自前の手作りで、今でも自動車のボルトを熱したりしてスタンプ作りをしています。

↓Darrell Cadman
ナバホ族のダレル・キャドマンは、Gary Reeves(ゲイリー・リーブス)の父親違いの義兄弟にあたる人物でやはり美しいスタンプワークの技術に定評のあるアーティストです。


↓Sunshine Reeves
ナバホ族の有名アーティストのサンシャイン・リーブスは、Gary Reeves(ゲイリー・リーブス)の弟です。精巧で複雑なスタンプデザインが特徴で、やはりスタンプワークを得意とします。1997年に、ネイティブアメリカンの芸術家の誇りであるThe best of the show(最優秀賞)をサンタフェインディアンマーケットにて受賞しました。
↑Delbert Gordon
ナバホ族の有名アーティストの一人、デルバート・ゴードンのジュエリー製作現場。

貴方のインディアンジュエリーは本物ですか?
本国のアメリカでは「インディアンジュエリー」とは、ネイティブアメリカンが製作したものだけを指します。それ以外のジュエリーを「インディアンジュエリー」と称して販売することは違法となります。
しかし、日本にはアメリカのような法的な定義が無いので、メキシコや東南アジア、あるいは日本などで製作されたイミテーションも「インディアンジュエリー」と称して販売されているのが現状です。
イミテーションは安価なものが多く、高額商品である本物のインディアンジュエリーに比べると利益が取れるためにイミテーションが横行しております。
インディアンジュエリーの裏面にある刻印は「ホールマーク」と呼ばれ、製作者が刻んだマークです。大抵のインディアンジュエリーにはこのアーティストを示すホールマークが刻印されてますが、刻印が無い場合もあります。ナバホのアーティストの中には自分の名前を刻むことを縁起が悪いと考える人もいて、刻印をしない人やイニシャルの一文字だけを刻む人などが多くいます。
銀純度を表すシルバー925とは、「925/1000の純度の銀」という意味です。インディアンジュエリーでは「sterling」という刻印で「925」という数字を表しています。



インディアンジュエリーに関わる用語説明

【ココペリ】
日本でいう布袋様や福禄寿のように五穀豊穣や子宝に恵まれる神として、インディアンの間で親しまれている。名前の由来は、ホピとナバホの神である’ココ’からきているとも言われている。

【インディアン】
コロンブスがアメリカ大陸に上陸する以前から住んでいる といわれており、一説では一万年以上の昔アジアから流れ着いた。

【プエブロ】
農耕を母体としている部族に対して使われる事が多い。民族とも言われている。

【サンタフェ】
ヒスパニックが多く住み、アメリカにあってアメリカらしさが最も少ない所。

【ペトログリフ】
インディアンの人々が居住していた場所に書かれ た色々な絵。

【アコマ・プエブロ】
天空都市とも言われている高い崖の上に住んでいる部 族の総称。

【アドビー】
赤土を干して型にいれて作る、日干し煉瓦と呼ばれる煉瓦で 作った建物。

【インディアンジュエリー】
先住民であるネイティブ・アメリカンと言われる 人々が、自然の石やシルバーを使って作ったジュエリー。

【フェティッシュネックレス】
石で作った小さな動物をツナギ合わせて作ら れたネックレス。

【ピアス】
イヤリングを耳に空けた穴に直接付ける耳飾り。

【ブレスレット】
腕輪。

【バングル】
半月型の腕輪。

【コンチャ】
コンチョとも言われシルバーなどに、型押しの模様を付けて帽子やベルトなどに着けて楽しむ物。

【ラトル】
毒蛇の総称

【モカシン】
内張りを使用せず皮を足に巻きつける感覚で作られる靴の事。

【マンデェラ】
戦いの前に家の玄関に掛けておくと戦果をあげると言われてい る。一説には東洋の曼陀羅に由来するとも言われている。

【ラグ】
羊の毛を手でホドイテ繋げていき作り上げるナバホ族独特の毛布。

【シルバージュエリー】
スペイン人がインディアンに教えたとも言われてい る。自然の石(トルコ石など)を使って作ったジュエリーの事。

【オニキス】
黒い石でインディアン・ジュエリーには多く用いられている。

【カーネリアン】
赤い石で最近使われ始めた。

【タイガーアイ】
キャッツ・アイに良く似た石で石の真中な目のような模様 がでる石。

【シェル】
貝殻。

【ピンクシェル】
ピンクの貝殻。

【ターコイズ】
トルコ石の事で青色が有名だが、緑色の物もある。

【ラピスラズリー】
紫色の綺麗な石。

【デニムラピス】
ラピスの中でもジーンズの色に似た色の石。

【スギライト】
日本人の’スギ ケンイチ’さんと言う人が見つけたといわれてい る。

【オーバーレイ】
ホピ族が使うジュエリー・ワークの事で素晴らしい技法の 一つ。

【インレイワーク】
ズニ族がおもに使用するが、シルバーの中にトルコ石や サンゴなどを入れ込む技法の事。

【ニードルポイント】
石を細かく削りシルバーで作った型の中にはめ込む技法。

【鹿皮】
インディアンの人々は主にエルクを好むが、服・スカートー・モカ シン・バッグなどアラユル物に使われ彼らには無くてはならない物。

【バッファロー】
牛科の仲間でインディアンの主食にもなっていた。また全て を使い必需品でもあった。強さの象徴でもあり彼らが崇拝していた。

【コヨーテ】
よくずる賢い動物として扱われるが、反面頭の良い部分も評価 されている。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス